地方の店舗ビジネスをトータルサポートします

トータルサポート

本気で現状打破するために

トータルでプロデュースします

トータルサポート


あなたの課題は何ですか?

⚫︎新規集客が足りない

⚫︎客単価が低い

⚫︎リピートがつかない

⚫︎スタッフが足りない

⚫︎近くにチェーン店ができた

⚫︎商圏の人口が減った

などなど

様々な課題があるお店が

ほとんどだと思います。

表面上は同じ課題でも、

突き詰めると原因は違うことがあります。

なぜ、その課題が生まれたのか

なぜ、解決できないのか

そもそも、本当にそこが問題なのか

課題の原因追求と、

その課題が売上・利益に

どれくらい効果があるか?

検証を行いながら、

「 本当の課題 」を突き止めて

一緒に解決するためのサポートを行います。

あなたのお店ならではの「強み」は?

チェーン店や大型店はできない

あなたのお店 “ ならでは ” の

「 強み 」は何でしょうか。

企業は仕入れコストも安く、

使える宣伝広告費も大きいです。

それにも関わらず、

同じ土俵で勝負してしまうと

「 負け戦 」確定です。

自分の「 強み 」は多くの場合、

「 当たり前すぎて意識していない 」

ことだったりします。

あなたにとって「 当たり前 」でも

お客様にとっては「ありがたい」こと

が必ずあります。

あなたは(あなたのお店は)、

まだその

「 強み 」に気づけていないだけです。

第三者の目線を取り入れると、

自分では気づけなかった強みが

見つかるはずです。

そして、その強みは

きっと大きな「 差別化 」になります。

本当の課題を見つけ、

強みを活かせば

あなたのお店は「 化けます 」

課題があるということ、

強みが打ち出せていないことは

伸びしろ 」があるということです。

正しい診断と対処をすれば

あなたのお店は大きく「 化ける 」ことが

できるはずです。

事例紹介

【 美容室 】

LINEだけで売上150%

当初の課題 : 売上不足・集客不足

予算的に余裕がなく、

広告費を何十万円も使うことは

不可能な状態でした。

当初の意識は

「 新規集客 」へ向いていましたが

よくよくお話しを伺う中で

“ リピート率の低さ ”が問題だと判明しました。

やったこと

これまでの顧客から

LINEの登録だけはしてもらっていたので

既存のお客様へ「 呼び戻し 」の連絡をした。

結果

施策実施後すぐに

売上1.5倍まで上昇することができました。

【 工務店 】

下請けからの脱却で安定収益・売上4倍

当初の課題 : 仕事の大半が大手からの下請け

ライバル社もいて、

単価が上がらない(むしろ下げられる)。

直受注できるのは、

年に多くて1棟程度という状況。

直受注の棟数を増やして、

下請け比率を下げることが最重要でした。

人員も限られ、展示場もない中で

直受注ができる体制を整え、

営業力に頼らずに

「 売れ続ける 」仕組み・流れを作る必要がありました。

やったこと

独自のコンセプトを作りHPを刷新し、

チラシやネット広告から

興味のある人を集客する。

ニュースレターを活用して

定期的に連絡をして

個別相談へ誘導する流れを作った。

結果

直受注の数が年間20件まで上昇しました。

※年間売上2億円→約8億円

【 メガネショップ 】

店内のレイアウト変更だけで月商100万円アップ

当初の課題 :売上不足

立地は悪くなく、来店客数は多い。

新規数を劇的に増やすには広告費がかかる為

客単価を上げることが優先でした。

やったこと

店舗内のレイアウトを変更。

もともと

店舗最前面(店舗の外から最も見える場所)には

「 目玉商品(要は安い商品) 」が

陳列されていた。

この最前面の陳列を、

デザイン性・機能性に優れた「 高いもの 」に変更した。

結果

それまでは

「 安さ 」に釣られたお客様の来店が多かった。

明らかにデザインや機能へのこだわりや、

メガネに関する困りごとが強い人が増え

高額の商品でも売れる客層に変化しました。

結果的に客単価が150%以上アップ。

月商も100万円以上アップ

することができました。

【 スーパーマーケット 】

LINEのお買い得情報を工夫して売上118%アップ

当初の課題 :売上不足

LINE会員のお客様へ

「 お買い得情報 」を配信していたが

反応がよくなかった。

配信していた情報は

「 セール情報 」がメイン。

いわゆる「 チラシ 」を

LINEで案内していただけ。

似たような情報を発信しているお店も多く

競合に埋もれていました。

やったこと

LINEで「 本日の見切り品 」情報を

夕方に配信した。

毎日生まれる「 賞味期限 」の近い商品の

情報をLINEで発信した。

結果

夕方以降に「 見切り品 」を

目当ての来店が増えた。

しかも来店してもらえると、

見切り品以外の購入(ついで買い)も増えて

結果的に売上が前年比118%アップしました。

【 居酒屋 】

メニューと店内POPで客単価125%アップ

当初の課題 :売上不足・集客不足

オーナーさんは

新規顧客を増やすこと、リピート率を上げることを

課題と考えていました。

やったこと

ニューブックの刷新と店内POPの工夫。

店舗型ビジネスの売上は

新規来店数 × リピート率×客単価

で決まります。

このどれを上げるのか?

によって対策は変わる。

そして、比較的すぐに

上げられるのが「 客単価 」

まずは「 客単価 」アップを

最初の対策にしました。

結果

客単価が約25%アップ。

単純に売上が125%になりました。

お問い合わせ

(初回50分 相談無料)

あなたのお店のご相談をお待ちしています。

まずは一度ご相談ください。

初回は50分間、無料でご相談いただけます。

Copyright©デザイン23,2023All Rights Reserved.